人気ブログランキング | 話題のタグを見る

バカ標章

 先日の台風通過の次の日、
 補強工事をおこなう家の 雨漏りのチェックに行きました。

 売家なので無人なのですが、
 誰かが、駐車場に勝手に車を置いていたので、
 仕方なく、駐停車禁止の道ではないので路上に駐車しておきました。

 天井裏に潜って、雨漏りのチェックをして、30分くらいで車に戻ると、

バカ標章_e0145995_11251992.jpg



 貼られてました・・(´;ω;`)ウゥゥ

 警察が通るような道ではないので、近所の誰かが通報したのでしょう。

 警察って、そんなに暇なんだ。 他にやることあんだろ! 133.png(キィー)

 駐車違反の罰金って、15,000円もするんですよ! 133.png(キィー)



# by sakai_archi | 2022-09-26 22:25 | 瀬戸新屋の家case2(耐震補強) | Comments(0)

重心と剛心

 木造住宅の耐震性について話題になると、
 「重心と剛心」という言葉を耳にすることがあるでしょ。

 「重心」は、建物の重さの中心、だいたい建物の中心部分になります。

 「剛心」は、建物の強さの中心なので、耐力壁がある部分に寄って移動します。

 地震力(建物を動かそうとする地震の力)は、重心に向かってかかるので、
 重心と剛心の距離(偏心距離)が近いほど地震力に抵抗する力が強くなるんです。

 逆に、重心と剛心の距離が離れてしまうと、
 地震の力がかかる位置と、それに抵抗しようとする力の位置が離れているのですから、
 大きな揺れが発生して、建物が損傷してしまいます。

重心と剛心_e0145995_11071851.jpg



 耐震補強工事が始まります。

 瀬戸新屋の家case2 です。

 しっかりした造りで、筋違いもちゃんと入っているのですが、入れ方のバランスが悪いんです。

 重心と剛心の位置が近づくように補強をしてあげると、
 飛躍的に耐震性が増していきます。



# by sakai_archi | 2022-09-16 19:27 | 瀬戸新屋の家case2(耐震補強) | Comments(0)

早めの発注

 水上の家、地鎮祭をおこないました!

早めの発注_e0145995_08224582.jpg



 気持ちのいい天気でした!

早めの発注_e0145995_08224879.jpg



 みんなで協力して、素晴らしい家にしていきましょう!

 本日は、おめでとうございました!

早めの発注_e0145995_08225168.jpg




 地鎮祭終了後、そのままテントの下で、サッシの打ち合わせです。^_^;

 APW330の納期が 1.5ヶ月程かかるので、
 基礎工事着手と同時くらいで発注しないと、工程が遅れてしまいます。

 サッシだけでなく、住設機器は全体的に納期がかかる時代になってしまったので、
 早め早めの発注が必要です。

 建て主さんに、ご協力いただきながら、進めていきます!



# by sakai_archi | 2022-09-11 22:22 | 水上の家case3 | Comments(0)

静岡県の補助金

 坂本の家水上の家、新築工事が ほぼ同時にスタートします。

静岡県の補助金_e0145995_17540894.jpg



静岡県の補助金_e0145995_17541194.jpg



 どちらの家も、省エネ住宅新築等事業費補助金を受けます。

 今年度、静岡県がおこなっている補助制度です。

 ZEH水準以上の 断熱性能と一次エネルギー消費量の削減 が条件です。(ぜんぜんOKです!)

 しずおか優良木材利用の加算で、70万円の補助が受けられます。(ありがたいですよ!)

 国の補助金が 当てにならなくなりましたね。
 地域型住宅グリー化事業なんて、もらえる確率ゼロに等しいですし、
 こどもみらい住宅支援事業も、若者世帯に偏り過ぎです。

 静岡県、この補助制度、来年度以降もやってくれないかなぁ。



# by sakai_archi | 2022-09-08 17:19 | 坂本の家 | Comments(0)

なじむ

 そろそろ 工務店に見積もり依頼をかけるタイミングの 横井の家

 屋根の葺き方の確認のため、滝沢の家を見てもらおうと、建て主さんを連れて・・

なじむ_e0145995_22055373.jpg



 芝生が、すごかったーー!

 滝沢の田舎に、溶け込んでいましたね。

 昨年のお引き渡しなのに、
 何年も前からここに佇んでいたかのように・・110.png

 今週末は、滝沢の家、プチ見学会です( ̄▽ ̄;)。
 おじゃまします。



# by sakai_archi | 2022-09-01 22:23 | 滝沢の家 | Comments(0)