人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トップライトを・・・

 これもリフォームなんでしょうか。

 天王町の家、トップライトを撤去します。(゚д゚)!

e0145995_13064836.jpg



 14年前に設計した時は、要望でもあり、必要だと思いました。

 撤去する大きな理由は、やはり、暑い ということです。
 それと、必要が無くなった、ということです。

e0145995_13070101.jpg



 トップライトを撤去することは、大変な工事です。

 雨仕舞に細心の注意を払います。
 信頼できる工務店にお願いして、丁寧に施工してもらわないと。

e0145995_13071222.jpg



 トップライトの設置については、設計段階で 「本当に必要なのか!」
 重々検討して行く必要がありますね。



by sakai_archi | 2019-03-25 23:03 | もろもろ | Comments(0)

可分・不可分

 建築基準法施行令の第1節・第1条、一番最初に出てくる用語の定義は「敷地」です。

 敷地とは、「1の建築物 又は用途上不可分の関係にある2以上の建築物のある一団の地をいう。」

e0145995_17595081.jpg



 わかりやすく言うと、住宅の敷地で考えた場合、
 1つの敷地に住宅を2棟以上、建ててはダメ! ということです。

 この法律、意外に知らない人が多いです。(まぁ、知っている必要もありませんが・・・)

e0145995_18000231.jpg



 「えっ! だけど 近所の家で、同じ敷地に家が2棟 建っているぞ!」と言う人もいるでしょう。

 それは、どちらかが「離れ」です。
 1つは「母屋」で、1つは「離れ」です。 不可分の関係です。

 あるいは、敷地に分筆線(目には見えない土地の区分線)が入っていて、
 それぞれの敷地が、ちゃんと接道しているのです。(建築基準法43条)

e0145995_18001373.jpg



 離れかどうかの判断は、キッチン(流し台)、トイレ、浴室の設置状況で判断されます。

 この3つの内の 1つでも無ければ、離れとして扱われます。(※審査機関の確認は必要)

e0145995_18011456.jpg



 新しい家づくりがスタートします。 和田の家case2 です。

 ご両親がお住いの広~い変形敷地に、息子さんご家族が 家づくりです!

 「離れ」ではないので、可分の関係です。
 敷地に分筆線を入れて、それぞれの敷地が接道する必要があります。


 
by sakai_archi | 2019-03-17 18:55 | 和田の家case2 | Comments(0)

ステキな暮らし みつけた

 今月のwomo(ウーモ)、表紙は 平島の家 です! Σ(・□・;)

e0145995_18053865.jpg



 「ステキな暮らし みつけた in shizuoka」で、紹介されています。

e0145995_18055052.jpg



 オバッチ、いい人だから さりげなく僕の宣伝もしてくれています。 (人''▽`)ありがとう☆



by sakai_archi | 2019-03-15 18:18 | もろもろ | Comments(0)

ご紹介

 焼津本町の家、リフォーム工事が始まりました。

e0145995_09102995.jpg



 玄関扉の取り替え、ベランダ囲いの設置、クロスの貼り替え、納戸を書斎に改修、
 内窓の設置、コンセントの増設、洗面化粧台の取り替え、外構廻りの改修 など。

 リフォームや改修工事は、短期間での仕事ですから、現場にも頻繁に行くことになります。

 新築同様、一生懸命に やらせていただきます。


 以前 新築の設計をさせていただいた建て主さんからの ご紹介です。

 このような つながりは、嬉しいですね。



by sakai_archi | 2019-03-13 23:09 | 焼津本町の家 | Comments(0)

発注ミス

 旭が丘の家の リフォーム、急ピッチで進んでいます。

 今度の日曜日に、お引き渡しなんです。

e0145995_20041380.jpg



 そんな中、本日、玄関扉を交換しました。 カバー工法で。


 現場に見に行ったら、注文したものと違う扉が付いていました。Σ(・□・;)

 取り付け費込みで30万円ですよ・・・ もったいない・・。

 サッシ屋の発注ミスです。 即!再発注です!(バカヤロー!)

 緊張感が足りないんですよ! 



by sakai_archi | 2019-03-07 20:21 | 旭が丘の家 | Comments(0)

なんだかんだ言っても、杉ですかね

 下小田の家、本日は 収納の打ち合わせをおこないました。

e0145995_21100102.jpg



 収納と言っても、大工さんに造ってもらう収納と、家具屋さんに造ってもらう収納があります。

 設計段階で打ち合わせをさせてもらっていますが、現場にて 再確認です。

 当然ですが、変更点も出てきます。

 それでいいんです!

 設計段階よりも、もっと良いものを作っていくのですから。

e0145995_21100950.jpg



 現場でなら、実際に使い勝手を確認できますからね。


 床材を張り始めています。

e0145995_21101861.jpg



 床材は、杉の赤身(上小節)です。
 見事な床になると思います!


 家づくりにおいて、床材の材種を決めるのも 楽しみな事の一つですね。

 皆さんは、どんな材種が好きですか?

 明るい色、濃い色?

 硬い木、柔らかい木?

 木目がしかり出ている物、ぼやけている物?


 僕の場合、年齢と共に好みが変わってきています。

 なんだかんだ言って、今は・・・ 杉が一番好きです。
 柔らかくて、暖かくて・・・



by sakai_archi | 2019-03-03 21:35 | 下小田の家 | Comments(0)