<   2018年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

消費税の増税と経過措置

 2019年10月から消費税が10%になる予定です。
 今度は、延期は無いと思います。

 2500万円の家でしたら、2%で 50万円。

 50万円と言ったら、TOTOの住設機器で換算すると、
 ユニットバス・サザナ1616が買えます。施工費込みで。

 1階と2階のトイレの便器(ピュアレストEX)+ウオッシュレット(アプリコットF1A)+洗面化粧台(サクア750)
 これらの合計で約50万円です。


 2%の影響は 大きいですよね。

 住宅を建てることに対して、国の補助制度を もっと充実してもらいたいです。本当に。


 注文住宅は、工事の請負契約をしてから引き渡しまでに数ヵ月かかります。
 なので、増税施行日の6ヵ月前までに工事の請負契約をした場合は、
 引き渡しが 増税施行日後になっても、増税前の税率が適用されます。
 「経過措置」です。消費税が5%から8%になった時も、この措置が ありました。

e0145995_22104524.jpg



 絵で書くと こうなります。

 工事の請負契約が2019年3月31日までに完了していれば、
 完成引き渡しが2019年9月30日までに完了しなくても、消費税は8%のままです。


e0145995_09045283.jpg



 経過措置の対象にならなかった、
 工事の請負契約が2019年4月1日以降となった場合です。
 その場合は、2019年9月30日までに引き渡しを完了させれば、消費税は8%です。

 最長6ヵ月間 あるので、家づくりの工期として、ギリギリ大丈夫です。

 ただ、僕ら設計事務所としては、建て主さんと一緒に
 家の設計をしていく時間が必要です。
 当然 その時間とは、2019年3月31日以前に必要な時間なのです。



by sakai_archi | 2018-09-29 22:32 | 事務所のこと | Comments(0)

家づくりのスタートラインに立つまでに

 僕たちのように 設計事務所をやっているものは、
 建築主さんと設計監理契約を結んだら、これにより正式に設計監理の仕事を依頼されたことになります。

 設計事務所に限ったことではありませんね。
 ハウスメーカーでも 地場の工務店でも そうです。
 工事契約を結んだら、正式に工事をお願いされたことになります。

 「家の設計をお願いしまーす」なんて 直に頼んできてくれる人は・・・ まず いませんね。

 そりゃそうですよ。
 この設計士、どんなセンス(考え)を持っているのか・・、設計監理料はいくらなんだろうか・・、
 自分たちの家づくりのパートナーとして ふさわしい人物なのか・・・。

 わからないですよね。

 だから、設計監理契約を結ぶ前に やっておくことがあるんです。
 家づくりのスタートラインに立つまでに やっておくことです。


 堺建築設計事務所の場合は このような流れになります。


e0145995_13465598.jpg



 お電話やメールで ご連絡ください。

 ホームページの お問い合わせフォームもご利用ください。
 資料請求もしてください。

 直接お会いして、話をしましょう。


e0145995_13471366.jpg



 直接お会いして打ち合わせをし、その会話の中でご要望をくみ取り、
 イメージを組み立てていきます。

 どんな家づくりをしたいのか、ご要望をお聞かせください。
 些細な事までも聞きたいです。
 いろいろな事について、話をさせてください。

 一番大事のことです、総予算もお聞かせくださいね。


e0145995_13472141.jpg



 実際に計画地を訪れ、敷地やその周辺の状況、環境をチェックします。

 現地での会話も大切なので、ご同行いただけると ありがたいです。


e0145995_13473206.jpg



 電気・上下水道・ガスなどの設備関係も確認し、近隣の地盤調査のデータも入手し、
 必要に応じて諸官庁に訪れ、法規制などについても調査します。


e0145995_13474118.jpg



 構想・現地調査をもとに計画案を作成します。
 叩き台プランの作成です。

 ここで作成するプランは、あくまでも 一つの案ですので、
 「こんな考え方も できるんだー」くらいの気持ちでいて いただけると ありがたいです。


 e0145995_13474899.jpg



 叩き台プランのご説明の時に、わかりやすくご覧いただけるように
 簡単な 100分の1スケールの 模型を作成します。


e0145995_13475850.jpg



 このプランの家を建てた時、工事費は どれくらいなのか。
 設計監理料の金額は、工事費以外に諸経費は どれくらいかかるのか。

 家づくりで、一番大切な部分です。
 概算設計書を作成します。
 総予算に納まるかどうかの チェックです。

 叩き台プランと概算設計書を提出し、ご説明させていただきます。


 ここまでが 堺建築設計事務所での、スタートラインに立つまでにやっておくことです。
 (ここまでは、設計監理契約前ですので、費用は発生しません。)

 ここで、建築主さんには ご判断をお願いしています。

 堺建築設計事務所とだったら、一緒に家づくりをやっていける!

 そう思ってもらえるよう、こちらも真剣に対応します!



by sakai_archi | 2018-09-23 14:59 | 事務所のこと | Comments(0)

内装の解体

 下小田の家、内装の解体工事が ほぼ 終了しました。

e0145995_16033900.jpg



 床面積が73坪程あるので、手間が掛かったと思います。

e0145995_16034622.jpg



 ここからは重機の出番です。

 それでも 更地になるには、今月いっぱい 掛かってしまうと思います。

 引き続き、安全第一で、よろしくお願いします!



by sakai_archi | 2018-09-19 18:17 | 下小田の家 | Comments(0)

渓流

 キッチンリフォームのご相談を頂いたので、瀬戸ノ谷へ。

 滝ノ谷川の上流です。

e0145995_16032683.jpg



 アマゴがいそうな 渓流 でした。



by sakai_archi | 2018-09-18 23:02 | もろもろ | Comments(0)

資格

 資格を取りました。

 既存住宅状況調査技術者です。

e0145995_18075601.jpg



 どんなことができる資格かというと、読んで字のごとし、
 既存住宅の状況を調査します。


 既存住宅の売買取引では、買主は 買おうとしている既存住宅の質(瑕疵とか)に
 不安を抱えていることが多いですよね。

 そこで、不動産取引のプロである宅建業者が 専門家による建物現況調査の活用を
 促して、安心して既存住宅の売買取引をしてもらおうと。市場環境の整備です。
 
 この専門家というのが、既存住宅状況調査技術者 です。
 建築士の資格を有していることに加えて、知識と経験が必要な資格です。

 客観性、中立性を確保し、公正に業務を実施しなくてはなりません。
 いい加減な調査をすると罰せられます。
 当然、守秘義務もあります。

 調査の依頼は、堺建築設計事務所まで。(営業)



by sakai_archi | 2018-09-14 18:30 | 事務所のこと | Comments(0)

いよいよ始まります

 下小田の家、いよいよ明日から解体工事に着手します。

e0145995_15072735.jpg



 片付けと 引っ越し、さぞかし大変だったことでしょう。

 お疲れさまでした!



by sakai_archi | 2018-09-12 17:17 | 下小田の家 | Comments(0)

シンクの蓋

 わが家のキッチンですが、家を留守にするときや、
 LDKに誰もいないときは、シンクに合板の蓋をしておきます。

e0145995_17310471.jpg



 なぜ こんな面倒な事をするかというと、

 こんな事をする奴がいるんです。

e0145995_17311758.jpg



 メイなんですが、この黄緑のゴム状のもの、シンクの排水溝の蓋です。

 ネコって、こんなことするんですかね?

 最初は叱っていたんですけど・・・
 面倒になって、蓋をしてしまいました。

 そんなに腹が減っているのかなぁ・・・
 ご飯は一日3回、ちゃんとあげているんですよ。


by sakai_archi | 2018-09-10 17:55 | デジイチGallery | Comments(0)

実用的な品

 工事に着手する前に、ご近所さんへの ご挨拶廻り をおこないます。

 手ブラで挨拶に伺うのも 格好がつかないので、
 ちょっとした ご挨拶の品(ほんの気持ちですが)を持って行きます。

e0145995_13482981.jpg



 この品物なんですが、いろいろ変更してきました。

 タオル から始まり、入浴剤(バブ)、温泉の素詰め合わせ、ハンドソープ、石鹸(赤箱)・・・

 しかし、妻の話によると、入浴剤や石鹸などは 普段使わない人がいるとのこと。

 いくら気持ちだからと言っても、使わないものをお渡ししても・・・

e0145995_13483703.jpg



 それで、前回の現場から、ご挨拶の品を変えました!

 これなら きっと使ってもらえると思います。
 とても実用的なものです!

 嵩(カサ)はデカいですが、軽いです。 さて、なんでしょーか。


by sakai_archi | 2018-09-09 17:16 | 事務所のこと | Comments(0)

工事の節目

原の家、足場を利用する工事が、すべて完了しました。

e0145995_11112923.jpg



 本日は、足場を外す前の最終チェックです。

e0145995_11114022.jpg



 コーキングを打ってもらいたいところがあったので、
 防水屋さんに現場に来てもらって 対応してもらいました。

 マジックコートも塗り直してもらいたい箇所がありましたが、
 足場が無くても施工できるところだったので、後日です。


 足場があるからできる検査と手直し。 足場があるからできる清掃。
 
 工事の節目です。



by sakai_archi | 2018-09-08 22:11 | 原の家 | Comments(0)

キレイな現場

 五十海の家、本日は 電気の打ち合わせをおこないました。

e0145995_17492158.jpg



 コンセントや照明のスイッチボックス等を仮付けした状態で、
 位置の確認をしていただきました。

 電気引き込みの位置、アンテナの位置など、いろいろな事について話ができて、
 とても充実した現場打ち合わせでした。ありがとうございました!

e0145995_17493051.jpg



 仲田工務店の現場は、いつ来ても キレイ です。片付いています。

 建て主さんのために、心がけているのだと思います。

 現場が片付いていれば、細かいところまで目が行き届きますし、
 ケガや事故も無くなっていきますよね。

e0145995_17494227.jpg



 これからも、お互いに、
 建て主さんのために、良い仕事をしていきましょう!



by sakai_archi | 2018-09-01 18:13 | 五十海の家 | Comments(0)