人気ブログランキング |

カテゴリ:和田の家case2( 3 )

腕が筋肉痛

 和田の家case2の 建て主さんと、マルホンに行ってきました。

e0145995_14125999.jpg



 貸し切りで、気持ちよかったです!

 あの広い空間は、子供も喜びますね。

 自分も好きな空間です。

e0145995_14170339.jpg



 途中、抱っこを担当したのですが、
 たいして長時間 抱っこしたわけでもないのに、今日は 腕が筋肉痛です。

 情けないです・・・

e0145995_14172079.jpg



 1階が、床暖房対応のクリに植物オイル。
 2階が、クルミに植物オイル。

 建て主さんの好みが よく解りました!



by sakai_archi | 2019-07-06 23:11 | 和田の家case2 | Comments(0)

プレゼン

 和田の家case2、プレゼンテーションを おこなってきました。

e0145995_15493252.jpg



 プレゼンの目的は、説明をして、わかってもらうこともそうですが、
 もっと大切な事は、ワクワクしてもらうことです。

e0145995_15494009.jpg



 早く次に進みたい!
 早く実施設計に入っていきたい!

e0145995_15494769.jpg



 そう思ってもらえるよう、プレゼンします。

e0145995_15495441.jpg



 間取りも ほぼ決まり、外観形状も気に入っていただきました。

e0145995_15500239.jpg



 これから、もう少し細かいところの検討に入っていきます。

e0145995_15500780.jpg



 細かなところを検討していくと、間取が変わったりもします。
 外観形状も 変わったりもします。

 それはそれで、良い方向に向くであれば、歓迎することです。

e0145995_15501364.jpg



 大きな吹き抜けに薪ストーブがあって、大屋根には太陽光パネルを載せます。

e0145995_15502013.jpg



 3層の螺旋階段に、大きなロフト、
 玄関に入ったら 目に飛び込んでくるスッキリとしたLDK。
 大容量の室内洗濯干場もあるんです!

e0145995_15502783.jpg



 建て主さんのこだわりが、ぎっしり詰まっています。

e0145995_15503440.jpg



 さぁ、設計はスタートしたばかりです!

 ワクワクした気持ちで、やっていきましょう!!



by sakai_archi | 2019-05-21 16:35 | 和田の家case2 | Comments(0)

可分・不可分

 建築基準法施行令の第1節・第1条、一番最初に出てくる用語の定義は「敷地」です。

 敷地とは、「1の建築物 又は用途上不可分の関係にある2以上の建築物のある一団の地をいう。」

e0145995_17595081.jpg



 わかりやすく言うと、住宅の敷地で考えた場合、
 1つの敷地に住宅を2棟以上、建ててはダメ! ということです。

 この法律、意外に知らない人が多いです。(まぁ、知っている必要もありませんが・・・)

e0145995_18000231.jpg



 「えっ! だけど 近所の家で、同じ敷地に家が2棟 建っているぞ!」と言う人もいるでしょう。

 それは、どちらかが「離れ」です。
 1つは「母屋」で、1つは「離れ」です。 不可分の関係です。

 あるいは、敷地に分筆線(目には見えない土地の区分線)が入っていて、
 それぞれの敷地が、ちゃんと接道しているのです。(建築基準法43条)

e0145995_18001373.jpg



 離れかどうかの判断は、キッチン(流し台)、トイレ、浴室の設置状況で判断されます。

 この3つの内の 1つでも無ければ、離れとして扱われます。(※審査機関の確認は必要)

e0145995_18011456.jpg



 新しい家づくりがスタートします。 和田の家case2 です。

 ご両親がお住いの広~い変形敷地に、息子さんご家族が 家づくりです!

 「離れ」ではないので、可分の関係です。
 敷地に分筆線を入れて、それぞれの敷地が接道する必要があります。


 
by sakai_archi | 2019-03-17 18:55 | 和田の家case2 | Comments(0)