人気ブログランキング |

カテゴリ:事務所のこと( 186 )

居宅介護住宅改修

 より安全な生活が送れるように改修しています。

e0145995_20005616.jpg



 生活する環境を整えることは、大切なことです。

 このお宅では、手すりの設置です。
 
e0145995_20011261.jpg



 下地を探すのがポイント。

 しっかり取り付けないといけませんね!


 家のことなら、何でもご相談ください!



by sakai_archi | 2019-10-19 20:05 | 事務所のこと | Comments(0)

コンクリートブロック造

 建物の解体を頼まれましたので。

e0145995_17532342.jpg



 補強(?)コンクリートブロック造です。

 昭和30年代の建物ですかね。
 基礎には フーチングも無いんですよ Σ(゚Д゚)

 建て替えではなく、解体後は駐車場として利用します。



by sakai_archi | 2019-10-04 23:50 | 事務所のこと | Comments(0)

プチリフォーム

 プチリフォーム、始まりました。

e0145995_19503297.jpg



 中古住宅なんですが、和室が1階に一部屋、2階に二部屋あります。

 壁の仕上げが ジュラク塗。

 しばらく空き家状態だったからだと思いますが、カビが生えてしまっていました。

e0145995_19504300.jpg



 ジュラク壁を撤去して、新しい壁にしたいと、工事をお願いされました。

 2階部分をやってから 次に1階部分、エアコンを外したり、付け直したり。

 プチリフォームにしては、おこなう作業がいろいろあって、
 今日から11日間で、完了させます。


 先程 奥様から連絡があって、
 「 丁寧にお掃除してくれて、助かります! ありがとうございます!」

 仲田工務店は、きれいに掃除をして帰りますね。
 ご連絡をいただき、こちらもうれしいです。

 少しの間、ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。


by sakai_archi | 2019-08-16 20:12 | 事務所のこと | Comments(0)

ごとく

 「高岡の家case1」の建て主さんから、連絡が。


 「あ~ 堺くん、 コンロのごとくが壊れて、そろそろ危ないから取り替えてもらいたいが・・・」

 90歳の建て主さんです。

e0145995_21571797.jpg



 即行で、アマゾンで同型を注文。 連絡をいただいた翌日に、取り替え完了!

 なんでも対応できる設計士です。(笑)



by sakai_archi | 2019-06-08 22:03 | 事務所のこと | Comments(0)

補強を計画する

 耐震補強計画 策定のため、天井裏に入り調査です。

e0145995_18170686.jpg



 大工だったお父さんが建てた家とのこと。

 しっかりとした 造りでした。
 筋違いも、必要なところに しっかりと入っていました。

 この時期は、天井裏に入っても暑くなくてイイですよ。



 ご自宅の耐震性が心配でしたら、ご連絡ください。

 まずは、どう補強したら強くなるのか! 補強計画の策定 です!(これにも 補助金が出ます!)



by sakai_archi | 2019-02-11 18:26 | 事務所のこと | Comments(0)

完成見学会のお知らせ

 完成見学会のお知らせです。

e0145995_22320757.jpg



 藤枝市の 五十海の家 です。

 日時は 1月19日(土曜日)10:00~15:00

e0145995_22321650.jpg



 35坪、4人家族、長期優良住宅です。

e0145995_22322324.jpg



 外壁は SGL鋼板のスパンドレル、軒天は 杉板、目隠し壁等は 桧板。

 内部は 桧造作材とカバザクラの床が美しいです。

e0145995_22323257.jpg



 見学をご希望の方は、お問い合わせください。


 お問い合わせ先は、コチラ! ⇒ 堺建築設計事務所 お問い合わせフォーム


  
by sakai_archi | 2019-01-11 22:50 | 事務所のこと | Comments(0)

カネノナルキ

 2018年、大晦日です。

 長男も長女も 帰ってきました。

 家族がそろったので、今から おもいっきり 飲みます。


 が、しかし その前にやっておくことが!

e0145995_18410213.jpg



 事務所に置いてある「カネノナルキ」です。

 ず~と前から気になっていたのですが、鉢が小さすぎる!

 大きな鉢に植え替えてあげて、新年を迎えようと。(ご利益がありますように・・(-_-;))



by sakai_archi | 2018-12-31 18:53 | 事務所のこと | Comments(0)

消費税の増税と経過措置

 2019年10月から消費税が10%になる予定です。
 今度は、延期は無いと思います。

 2500万円の家でしたら、2%で 50万円。

 50万円と言ったら、TOTOの住設機器で換算すると、
 ユニットバス・サザナ1616が買えます。施工費込みで。

 1階と2階のトイレの便器(ピュアレストEX)+ウオッシュレット(アプリコットF1A)+洗面化粧台(サクア750)
 これらの合計で約50万円です。


 2%の影響は 大きいですよね。

 住宅を建てることに対して、国の補助制度を もっと充実してもらいたいです。本当に。


 注文住宅は、工事の請負契約をしてから引き渡しまでに数ヵ月かかります。
 なので、増税施行日の6ヵ月前までに工事の請負契約をした場合は、
 引き渡しが 増税施行日後になっても、増税前の税率が適用されます。
 「経過措置」です。消費税が5%から8%になった時も、この措置が ありました。

e0145995_22104524.jpg



 絵で書くと こうなります。

 工事の請負契約が2019年3月31日までに完了していれば、
 完成引き渡しが2019年9月30日までに完了しなくても、消費税は8%のままです。


e0145995_09045283.jpg



 経過措置の対象にならなかった、
 工事の請負契約が2019年4月1日以降となった場合です。
 その場合は、2019年9月30日までに引き渡しを完了させれば、消費税は8%です。

 最長6ヵ月間 あるので、家づくりの工期として、ギリギリ大丈夫です。

 ただ、僕ら設計事務所としては、建て主さんと一緒に
 家の設計をしていく時間が必要です。
 当然 その時間とは、2019年3月31日以前に必要な時間なのです。



by sakai_archi | 2018-09-29 22:32 | 事務所のこと | Comments(0)

家づくりのスタートラインに立つまでに

 僕たちのように 設計事務所をやっているものは、
 建築主さんと設計監理契約を結んだら、これにより正式に設計監理の仕事を依頼されたことになります。

 設計事務所に限ったことではありませんね。
 ハウスメーカーでも 地場の工務店でも そうです。
 工事契約を結んだら、正式に工事をお願いされたことになります。

 「家の設計をお願いしまーす」なんて 直に頼んできてくれる人は・・・ まず いませんね。

 そりゃそうですよ。
 この設計士、どんなセンス(考え)を持っているのか・・、設計監理料はいくらなんだろうか・・、
 自分たちの家づくりのパートナーとして ふさわしい人物なのか・・・。

 わからないですよね。

 だから、設計監理契約を結ぶ前に やっておくことがあるんです。
 家づくりのスタートラインに立つまでに やっておくことです。


 堺建築設計事務所の場合は このような流れになります。


e0145995_13465598.jpg



 お電話やメールで ご連絡ください。

 ホームページの お問い合わせフォームもご利用ください。
 資料請求もしてください。

 直接お会いして、話をしましょう。


e0145995_13471366.jpg



 直接お会いして打ち合わせをし、その会話の中でご要望をくみ取り、
 イメージを組み立てていきます。

 どんな家づくりをしたいのか、ご要望をお聞かせください。
 些細な事までも聞きたいです。
 いろいろな事について、話をさせてください。

 一番大事のことです、総予算もお聞かせくださいね。


e0145995_13472141.jpg



 実際に計画地を訪れ、敷地やその周辺の状況、環境をチェックします。

 現地での会話も大切なので、ご同行いただけると ありがたいです。


e0145995_13473206.jpg



 電気・上下水道・ガスなどの設備関係も確認し、近隣の地盤調査のデータも入手し、
 必要に応じて諸官庁に訪れ、法規制などについても調査します。


e0145995_13474118.jpg



 構想・現地調査をもとに計画案を作成します。
 叩き台プランの作成です。

 ここで作成するプランは、あくまでも 一つの案ですので、
 「こんな考え方も できるんだー」くらいの気持ちでいて いただけると ありがたいです。


 e0145995_13474899.jpg



 叩き台プランのご説明の時に、わかりやすくご覧いただけるように
 簡単な 100分の1スケールの 模型を作成します。


e0145995_13475850.jpg



 このプランの家を建てた時、工事費は どれくらいなのか。
 設計監理料の金額は、工事費以外に諸経費は どれくらいかかるのか。

 家づくりで、一番大切な部分です。
 概算設計書を作成します。
 総予算に納まるかどうかの チェックです。

 叩き台プランと概算設計書を提出し、ご説明させていただきます。


 ここまでが 堺建築設計事務所での、スタートラインに立つまでにやっておくことです。
 (ここまでは、設計監理契約前ですので、費用は発生しません。)

 ここで、建築主さんには ご判断をお願いしています。

 堺建築設計事務所とだったら、一緒に家づくりをやっていける!

 そう思ってもらえるよう、こちらも真剣に対応します!



by sakai_archi | 2018-09-23 14:59 | 事務所のこと | Comments(0)

資格

 資格を取りました。

 既存住宅状況調査技術者です。

e0145995_18075601.jpg



 どんなことができる資格かというと、読んで字のごとし、
 既存住宅の状況を調査します。


 既存住宅の売買取引では、買主は 買おうとしている既存住宅の質(瑕疵とか)に
 不安を抱えていることが多いですよね。

 そこで、不動産取引のプロである宅建業者が 専門家による建物現況調査の活用を
 促して、安心して既存住宅の売買取引をしてもらおうと。市場環境の整備です。
 
 この専門家というのが、既存住宅状況調査技術者 です。
 建築士の資格を有していることに加えて、知識と経験が必要な資格です。

 客観性、中立性を確保し、公正に業務を実施しなくてはなりません。
 いい加減な調査をすると罰せられます。
 当然、守秘義務もあります。

 調査の依頼は、堺建築設計事務所まで。(営業)



by sakai_archi | 2018-09-14 18:30 | 事務所のこと | Comments(0)