人気ブログランキング |

令和元年のプロジェクトTOUKAI-0

 耐震補強は、ほとんどが住みながらの工事になります。

 瀬古の家も、住みながらの補強工事です。

 補強壁を 25ヵ所、バランスよく入れることになるので、家全体に配置されます。

e0145995_18053177.jpg



 住みながらですので、生活に支障が出ないように 工区分け をしていきます。

 今回は 5工区 に分けます。

e0145995_18054220.jpg



 工程表も作成して、途中で 大工工事が 空いてしまわないように検討していきます。


 今年度の補助金申請の受付開始が、ゴールデンウィーク頃なので、
 それまでに設計をして、工務店に見積もってもらって、工事契約までしておきます。

 休み明けから工事スタートの予定で進めます。


e0145995_18055098.jpg



 今年度から耐震改修工事の補助制度が変わりました。

 昨年度までは、補強計画と補強工事は それぞれ補助金がもらえたのですが、
 今年度から、補強計画と補強工事がセットになりました。

 わかりやすく言うと、補強工事に対して補助金が出ます。
 補強工事をするには補強計画をしなくてはならないので、一緒にやってください。ということです。

 なので、補強工事に対する補助金の額も増えました。(補強計画の補助金分が上乗せです)

 高齢者世帯なら、110万円
 中学生以下のお子さんがいる世帯も、110万円。


 耐震補強工事のことなら、堺建築設計事務所へ!(営業)



by sakai_archi | 2019-04-05 18:30 | 瀬古の家 | Comments(0)
トップライトを・・・ >>