屋根を葺く

 下小田の家、屋根葺き工事が始まりました。

e0145995_17323310.jpg



e0145995_17324371.jpg



 屋根材は、耐摩カラーSGLの 「いぶし銀」 です。 シブイです。

 SGLメッキ層に、さらに強化塗膜を施したものです。

 原版の穴あきに25年、塗膜の膨れ・剥がれに15年。メーカー保証が付いています。

e0145995_17330073.jpg



e0145995_17325211.jpg



 まずは、唐草(からくさ)から取り付けていきます。
 この唐草も耐摩SGLです。

 唐草とは、屋根の軒先やケラバに取り付ける水切部品(板金)です。

 雨水を確実に屋根から落とす(雨水を屋根から切り離す)役目をします。

 本日の作業は、2階の屋根と北側の下屋部分を施工します。


e0145995_17330996.jpg



e0145995_17331665.jpg



 内部は、筋違いと耐力面材も全て入り、金物も全て取り付きました。

 明後日、建築基準法の中間検査と 住宅瑕疵保険の現場検査を受けます。



by sakai_archi | 2018-12-24 17:49 | 下小田の家 | Comments(0)
<< 一人のクリスマスイブ 表札 >>