家づくりのスタートラインに立つまでに

 僕たちのように 設計事務所をやっているものは、
 建築主さんと設計監理契約を結んだら、これにより正式に設計監理の仕事を依頼されたことになります。

 設計事務所に限ったことではありませんね。
 ハウスメーカーでも 地場の工務店でも そうです。
 工事契約を結んだら、正式に工事をお願いされたことになります。

 「家の設計をお願いしまーす」なんて 直に頼んできてくれる人は・・・ まず いませんね。

 そりゃそうですよ。
 この設計士、どんなセンス(考え)を持っているのか・・、設計監理料はいくらなんだろうか・・、
 自分たちの家づくりのパートナーとして ふさわしい人物なのか・・・。

 わからないですよね。

 だから、設計監理契約を結ぶ前に やっておくことがあるんです。
 家づくりのスタートラインに立つまでに やっておくことです。


 堺建築設計事務所の場合は このような流れになります。


e0145995_13465598.jpg



 お電話やメールで ご連絡ください。

 ホームページの お問い合わせフォームもご利用ください。
 資料請求もしてください。

 直接お会いして、話をしましょう。


e0145995_13471366.jpg



 直接お会いして打ち合わせをし、その会話の中でご要望をくみ取り、
 イメージを組み立てていきます。

 どんな家づくりをしたいのか、ご要望をお聞かせください。
 些細な事までも聞きたいです。
 いろいろな事について、話をさせてください。

 一番大事のことです、総予算もお聞かせくださいね。


e0145995_13472141.jpg



 実際に計画地を訪れ、敷地やその周辺の状況、環境をチェックします。

 現地での会話も大切なので、ご同行いただけると ありがたいです。


e0145995_13473206.jpg



 電気・上下水道・ガスなどの設備関係も確認し、近隣の地盤調査のデータも入手し、
 必要に応じて諸官庁に訪れ、法規制などについても調査します。


e0145995_13474118.jpg



 構想・現地調査をもとに計画案を作成します。
 叩き台プランの作成です。

 ここで作成するプランは、あくまでも 一つの案ですので、
 「こんな考え方も できるんだー」くらいの気持ちでいて いただけると ありがたいです。


 e0145995_13474899.jpg



 叩き台プランのご説明の時に、わかりやすくご覧いただけるように
 簡単な 100分の1スケールの 模型を作成します。


e0145995_13475850.jpg



 このプランの家を建てた時、工事費は どれくらいなのか。
 設計監理料の金額は、工事費以外に諸経費は どれくらいかかるのか。

 家づくりで、一番大切な部分です。
 概算設計書を作成します。
 総予算に納まるかどうかの チェックです。

 叩き台プランと概算設計書を提出し、ご説明させていただきます。


 ここまでが 堺建築設計事務所での、スタートラインに立つまでにやっておくことです。
 (ここまでは、設計監理契約前ですので、費用は発生しません。)

 ここで、建築主さんには ご判断をお願いしています。

 堺建築設計事務所とだったら、一緒に家づくりをやっていける!

 そう思ってもらえるよう、こちらも真剣に対応します!



by sakai_archi | 2018-09-23 14:59 | 事務所のこと | Comments(0)
<< 消費税の増税と経過措置 内装の解体 >>