資格

 資格を取りました。

 既存住宅状況調査技術者です。

e0145995_18075601.jpg



 どんなことができる資格かというと、読んで字のごとし、
 既存住宅の状況を調査します。


 既存住宅の売買取引では、買主は 買おうとしている既存住宅の質(瑕疵とか)に
 不安を抱えていることが多いですよね。

 そこで、不動産取引のプロである宅建業者が 専門家による建物現況調査の活用を
 促して、安心して既存住宅の売買取引をしてもらおうと。市場環境の整備です。
 
 この専門家というのが、既存住宅状況調査技術者 です。
 建築士の資格を有していることに加えて、知識と経験が必要な資格です。

 客観性、中立性を確保し、公正に業務を実施しなくてはなりません。
 いい加減な調査をすると罰せられます。
 当然、守秘義務もあります。

 調査の依頼は、堺建築設計事務所まで。(営業)



by sakai_archi | 2018-09-14 18:30 | 事務所のこと | Comments(0)
<< 渓流 いよいよ始まります >>