見積もり合わせ

 下小田の家、金額調整が完了しました。

 今週末、工事請負契約をおこないます。

e0145995_14371311.jpg



 堺建築設計事務所では、実施設計が完了したら、複数の工務店に見積もりを依頼します。

 業界用語で、「見積もり合わせ」と 言われるものです。

 複数と言っても 3社ですが、信頼できる工務店です。

 建て主さんが、1社に指名した場合は その工務店にだけ見積もりを依頼しますが、
 見積りの、数量や単価(金額)のチェックを ちゃんとおこないますので、
 1社指名だからといって、工事金額が上がるわけではありません。

 ただ、見積もり合わせなら、競争をしてもらえるので、工事金額は下がる可能性があります。


 e0145995_14372108.jpg



 3社から提出された見積書の内容をチェックします。
 拾い落としが ないか、数量に間違いは ないか、単価(金額)は 妥当なものか 等。

 その見積書を基に、建て主さんと打ち合わせをさせていただき、
 施工をお願いする工務店を、決定します。


 そこから 減額調整をおこなうことになるので(なるべく一発で決めたいのですが(-_-;))、
 決定した工務店の見積もりをもとに、減額案を作っていきます。

 家づくりの仕事の中で、一番嫌な事なんです、この減額調整・・・。

 そして、なんとか予算内の工事金額になるよう変更(工夫)して、工務店に変更見積りを依頼します。

 工務店からの変更見積書が出てきたら、再度 内容のチェックをします。

 そして、建て主さんに変更金額の ご確認をしていただき、工事請負契約書の下書き作りです。

 下書きの状態で契約書の内容を確認していただいたら、正式に工事請負契約書を作成します。


 こんな感じで 工事請負契約まで、ハードに進んでいきます。
 (なんの話をしようとしたのか、わからなくなった・・)



by sakai_archi | 2018-08-16 15:54 | 下小田の家 | Comments(0)
<< Amazonプライム 夏バテ >>