とりのこがみ

 鳥の子紙(とりのこがみ)って、ご存知ですか?

e0145995_15070292.jpg



 家づくりでは、フスマ戸の表面に貼ったりします。 表具屋の仕事です。

 雁皮(がんぴ(植物)からつくられる和紙です。
 表面が なめらかで、ほどよいツヤがあって、とても上品な紙です。
 落ち着きが出るので、和室のフスマ戸でなくても 使ったりします。

e0145995_15065361.jpg



 僕がよく使う 鳥の子紙は、「せいか」です。

 紙の値段もピンキリですが、
 「せいか」の中で一番高価なものは、定価で1枚(巾150cm×丈200cm)¥39,200円(゚д゚)!

 安いものは、1枚(巾97cm×丈205cm)¥600円です。

e0145995_15071180.jpg



 1枚¥39,200円にも驚きますが、もっと驚くことは、
 「せいか」の見本帳が¥6,000円だということ(゚д゚)!

 実際は、¥3,000円を振り込めば 郵送してくれますけど・・・

 それにしても 高いですよね。

e0145995_15072085.jpg



 ちなみに、1枚¥39,200円の紙は、これです。

 No.513 手漉なんとか・・紙。 なんて読むのかわかりません。
 名前からして高そうです。


by sakai_archi | 2018-04-27 15:36 | デジイチGallery | Comments(0)
<< アマゴとレゲエ バックアップ中 >>