補強計画の策定

 補強計画策定のために天井裏と床下へ。

e0145995_17095452.jpg



 しっかりとした造りなのですが・・・ ?の部分もある。

e0145995_17100426.jpg



 短冊金物が外され、火打ち梁も外されている。

 新築工事中に取り付けたのに、新築工事中に取り外されている。

 想像するに、壁の向こう側が吹き抜けになっているので、
 ボルトのナットが吹き抜け側に出てしまったことに気づき、困ったのでしょう。

 それでとりあえずボルトを外して吹き抜け側の壁を仕上げ、外した物は そのままにしたのでしょう。

 せっかく ちゃんと作ってあるのに、この部分は残念。


 補強計画策定のご用命は、堺建築設計事務所へ!


by sakai_archi | 2017-11-11 18:11 | 事務所のこと | Comments(0)
<< 梁を見に。 好きな写真.1 >>