セルロースファイバー

 初めて採用しました。 デコスドライ工法。

 乾式吹き込み工法なので 隅部までしっかり充填されていきます。

 こんな工程で進めていきます。 
 
 まず、壁内の配線、配管は完了させておきます。

e0145995_2255078.jpg

 通気性のあるシートを たるみ無く、しっかりと張ります。(このシート、本当にしっかりしています。)
 タッカーで パシッ パシッ パシッ パシッ ・・・!


e0145995_2257378.jpg

 屋根面、外壁面。


e0145995_22573987.jpg

 遮音したい部屋の内壁面、天井面。


e0145995_2258571.jpg

 シートを張り終えたら、シートにちょこっと穴を開けて、
 セルロースファイバーを吹き込んでいきます。


e0145995_2311435.jpg

 セルロースファイバーはトラックの中にあります。
 ホースで圧送していきます。


e0145995_2333745.jpg

 壁の厚みいっぱいに、パンパンになるように吹き込みます。


e0145995_2344657.jpg

 吹き込み過ぎると 胴縁やボードが平らに張れなくなるので注意。


e0145995_2365049.jpg

 吹き込みが完了したら 同じ通気性シートで穴をふさぎます。

 こんな感じです。


 すぐれた 調湿、防露、防音、断熱性・・・ 期待できます!

 でもね、工事費が・・・ 高いんです。。
by sakai_archi | 2012-02-21 23:01 | 音羽町の家 | Comments(0)
<< 土台を据える ランドセル >>