カテゴリ:高岡の家case3( 6 )

高岡の家case3 竣工検査

 高岡の家case3、竣工検査をおこないました。

e0145995_1945198.jpg

 山崎工務店、とても丁寧に作ってくれました。


e0145995_19461810.jpg

 節あり特一の唐松。
 いい感じでしょ!


e0145995_19482520.jpg

 書斎の床材は桧。
 両側の壁面は 大容量の本棚です。

 
e0145995_19503966.jpg

 ロフトは この家にとって大切なスペース。
 約9帖の広さがあります。
by sakai_archi | 2012-04-28 19:56 | 高岡の家case3 | Comments(0)

光る床

 高岡の家case3、もうすぐ完成です。

e0145995_7582887.jpg

 南面の間口が狭いため、玄関を奥に配置しました。
 
 大きめのトップライトで 玄関ホールを明るくしています。

e0145995_815892.jpg

 2階の床は 桧材で格子を組み、カーボグラスを張ります。

 1階から見上げたら、光る床 となります。
by sakai_archi | 2012-04-19 23:31 | 高岡の家case3 | Comments(0)

美装の仕事

 家づくりの中で 最後の仕事となるのが 美装。クリーニングの仕事です。

 お見事!と言いたくなるほど きれいにしてくれます。
 とくに開口部(サッシ)のクリーニングは真似できないですね。
 ガラスが入っていないのかと思うほど ピカピカ。

e0145995_10402829.jpg

 美装の仕事は 足場を外す前にもあります。

 トップライトやFIX窓は 足場がないとクリーニングができませんからね。
by sakai_archi | 2012-04-06 10:43 | 高岡の家case3 | Comments(0)

高岡の家case3 上棟

 高岡の家case3、上棟しました。

e0145995_22461590.jpg

 朝に降っていた雨も 上がり、
 無事、上棟しました。

e0145995_22475022.jpg

 職人の皆さん、ご苦労様でした。


 奥様、一人で大変でした。 ありがとうございました。
 
 これからは、現場での打ち合わせになっていきます!
 よろしくお願いします。


 16時30分ごろ、小学生 高学年の下校時刻・・・
 現場前で、高岡の家case2 のお子さんに会いました。

 ケン 「ねえ、堺さん! 岡本さん いる?」

 自分 「屋根にいるよ!」

 ケン 「そうなんだー」

 
 ケン君、とても男らしくなっていました。(嬉し)
by sakai_archi | 2012-01-17 23:13 | 高岡の家case3 | Comments(0)

高岡の家case3 地鎮祭

 高岡の家case3 地鎮祭をおこないました。

e0145995_22225187.jpg

 神主さんの祝詞奏上(のりとそうじょう)・・・
 さかいけんせつせっけいじむしょに せっけいをたくし・・・

 堺建設設計事務所?!

 間違ってるじゃん・・・と、思いながら 地鎮祭が無事終了。

 片付けをしているとき 神主さんが、
 「堺さん、事務所名を変えたんですね!」

 「えっ?」

 「だって、お供えのお酒の名前が・・・」

e0145995_22263244.jpg


 ガビ~ン・・・ 間違っていました。
 献酒の仕度を 妻に頼んだのが間違えでした。(緊張感が足りないヤツ・・・)

 建て主さん、ごめんなさい。

 事務所名は間違っていましたが、工事監理はしっかりやりますので!

 
 本日は、おめでとうございました。


 (しかし神主さん、こんな読みにくい事務所名に変えないぞ! ふつう・・・)





 

 
by sakai_archi | 2011-12-03 22:44 | 高岡の家case3 | Comments(0)

若いご夫婦

 高岡の家case3

e0145995_2323056.jpg

 若いご夫婦 の家です。
 (新婚さんですよね。 私は勝手にそう思っています・・・。)

 家づくりは 土地探しからスタート。
 
 限られた予算の中で 二人で探し、二人で決めた土地。
 
 間口は狭くて、決して広い土地ではありません。

 でも、ピーンと きたのでしょう。 この土地に決めました。

 土地の制約は 設計で克服していきましょう!

 楽しみです。


 高岡って いいところですよね。
 閑静なのに駅は近いし、地盤はいいし・・・。

 高岡の家case1   高岡の家case2

 
 

 
 
by sakai_archi | 2011-08-22 23:45 | 高岡の家case3 | Comments(0)